理事長のひとこと 2020年2月
2020年2月27日

~危険の時代に立ち向かう~

毎日、新型コロナウイルスの感染拡大とその影響に関する報道が流れています。今回のように感染が拡大するのは、初期対応に問題があるだけではなく、グローバル化がすすむ世界で人と物がたくさん、そして急速に動いているからなのでしょう。この「流れ」は、人類が求めて作り出したものです。世界中の人々がその恩恵を受けています。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大というリスクも味わう結果となっています。

物流だけではなく、遺伝子工学、脳生理学、そしてAIなどの技術は飛躍的に向上しています。しかし、人の体や社会システムは、その技術から発生するリスクを管理できるほどには、発達していません。人類の体が世代を超えてこの変化に適応していくスピードや社会システムの改善スピードは、技術の発達についていけていないのです。

このギャップが現実の危険として顕在化しているのが、今の時代です。そして、ギャップが生み出す危険にさらされる多くの方たちは、福祉の対象となる状態になった人々です。福祉に携わる私たちは、この現実を理解し、改善を図る方策を実行していかなければなりません。

地球規模の視野で述べてきましたが、地域で危険にさらされている現実の人々から目を背けずに、できることから行動を起こしましょう。

社会福祉法人白峰福祉会
理事長 森 公男