理事長のひとこと 2018年11月②
2018年11月29日

町田市ボッチャネットワーク大会2018大成功!

11月16日(金)町田市総合体育館にて町田市ボッチャネットワーク大会2018が行われました。この大会は、白峰福祉会が代表を担っている町田市社会福祉法人施設等連絡会が主催している活動で、災害時の避難所でボッチャを行うことで、防災ネットワークを作り広げていこうとするものです。

昨年度から活動をスタートして、今年度も2次避難所となっている「サポートセンター町田とも」、「町田生活実習所」、「町田福祉園」、「花の家」でボッチャ体験会やミニボッチャ大会を行ってきました。11月16日の大会には、24チームが参加し、サポートする人も合わせると135名が参加してくれました。大会は、正式ルール部門とお楽しみルール部門に分かれて試合をすすめ、各部門の優勝チームには障害者施設で作っている製品を賞品としてプレゼントしました。

そもそもボッチャのよいところは、パラリンピック正式種目であるスポーツとしての深みや面白さがあるとともに、子供から、高齢者、そして障害のある方も参加できるスポーツであることが、特徴の一つです。災害時に孤立化しやすい方たちも楽しみながら、つながりを作ることが出来るスポーツなので、今後もボッチャを味わい、楽しみながら、災害に強い防災ネットワークをさらに広げていく機会にしていきましょう。

 

社会福祉法人白峰福祉会
理事長 森 公男