都立野津田高等学校福祉科のみなさんと交流しました
2018年2月20日

2018年2月19日(月)、都立野津田高校福祉科の生徒のみなさんが企画した「地域ふれあいスポーツ交流大会」にご招待していただきました。

白峰福祉会から町田かたつむりの家と、サポートセンター町田とものご利用者が参加し、スポーツを通じて野津田高等学校福祉科の生徒のみなさんと楽しく交流させていただきました。

まずはラジオ体操でスタート


そして、生徒のみなさんとご利用者が混ざり
4チームに分かれて「ボッチャ」と「玉入れ」を競い合いました。

ボッチャは今年度、町田ボッチャネットワーク主催の「ボッチャ大会」に継続して参加したこともあって、白熱した試合になりました。


 

続いて玉入れ。生徒のみなさんが背負ったカゴをめがけてボールを投げ込みます。


 

最後は表彰式。合計得点で1位になったチームには優勝旗が授与されました。


 

優勝旗は生徒のみなさんの手づくりで、白峰福祉会のイメージキャラクター「つむりん」もあしらわれている、とっても素敵なものでした。


 

そして、参加賞として手づくりのロゼットを参加したご利用者全員がいただきました。


ご利用者のみなさんも生徒のみなさんと交流しながら、笑顔で楽しくスポーツをすることができました。
野津田高等学校福祉科のみなさんとは実習やボランティアなどで日頃から交流がありますが、今回のような心のこもった会を企画していただき、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。