町田ボッチャネットワーク「ボッチャ本大会」!
2017年11月27日

2017年11月3日(金)、ボッチャネットワーク主催の本大会が都立町田の丘学園、体育館にて開催され、白峰福祉会のご利用者から有志10名が参加しました。

参加した団体は障害者施設、高齢者施設、学校、地域のサークルなどさまざまで、全8チームで競い合いました。

われらが白峰チームは残念ながら全敗で最下位となってしまいましたが、ご利用者の皆さんは、ボッチャというスポーツの面白さ、地域の方たちとの交流の楽しさを、これまでの練習会、体験会も含めて存分に味わい、充実した時間を過ごすことができたと思います。

今回の本大会をもって町田ボッチャネットワークの2017年度の活動は無事終了しました。「ボッチャを楽しむ」ことと「ボッチャを通じて防災ネットワークを作る」という目標に向けてスタートした町田ボッチャネットワーク、災害時の避難所に指定されている施設を利用して「顔が見える関係づくり」を心掛けてきました。この活動は来年度も継続していきます。


東京都立町田の丘学園
本大会を行った東京都立町田の丘学園は災害時の避難所となっています

そして、今年度の活動で忘れてならないのは、会の運営にボランティアで関わってくださった桜美林大学、野津田高校の学生の皆さんの存在です。ルール説明などを丁寧に行ってくれたり、ユーモアあふれる試合の実況をしてくれたりと、ボッチャを盛り上げるのに尽力してくれました。学生の皆さんの明るいパワーが、会をより楽しい雰囲気にしてくれていたと思います。
この場を借りて、深く感謝申し上げますとともに、来年度もどうぞよろしくお願いいたします。


桜美林大学、野津田高校の生徒の皆さん
桜美林大学、野津田高校の生徒の皆さん