絵を飾ってきました
2017年9月12日

2017年8月18日(金)、町田かたつむりの家の利用者2名と職員で「アートレンタル」に行きました。

「アートレンタル」とは、町田かたつむりの家のクラブ活動「アートクラブ」でご利用者が制作した作品を町田市内の公共施設、福祉関連施設、喫茶店などに貸し出し、飾っていただくという取り組みです。
障がいのある方たちのユニークなアート作品が施設以外の公共の場に飾られることで、より多くの方の目にとまり、障がい者アートを身近に感じてほしいとの思いからスタートしました。

そして、ご協力いただいている施設には定期的に訪問し、作品の入れ替えをさせていただいています。これまでアートレンタルは職員のみで行っていましたが、制作したご利用者自らが出向くことで地域とのつながりを実感し、深めていってほしいと思い、今回初めて利用者も同行しました。

アートレンタルに行ったご利用者からは、
『自分の絵を飾って嬉しかった。これからもがんばって絵を描きたい。』
『施設のひとに「ありがとう」と言われて嬉しかった。』
『いろんなところにアートクラブの人の絵が飾られていて素敵だった。』
といった感想が聞かれました。自分の描いた絵を飾ることができて満足そうな笑顔がとっても印象的でした。

今後も地域との交流の一環としてアートレンタルを進めていきたいと思います。



アートレンタルにご協力をいただいている施設は以下の通りです。

町田ボランティアセンター 
町田市障がい者就労・生活支援センター「Let’s(レッツ)」
町田市障がい者就労・生活支援センター「りんく」
公民館喫茶

皆さまもお立ち寄りの際には、是非ご覧ください。