青梅鉄道公園に行ってきました
2017年2月6日

2017年1月28日(土)に、6名のご利用者に「ライフサポートはくほう」のガイドヘルパーが付き添い、青梅鉄道公園で鉄道づくしの1日を楽しみました。

ご利用者6名とガイドヘルパー6名で、青梅鉄道公園へ

白峰福祉会の「ライフサポートはくほう」では、知的障がい者の外出をサポートする「ガイドヘルパー」の派遣事業を行っています。

この日は雲ひとつない青空のもと、白峰福祉会のご利用者と青梅鉄道公園に出かけました。

青梅駅から徒歩15分間くらいで青梅鉄道公園に到着。園内には実物の車両展示があり、SLや0系新幹線など、なつかしい車両にみんな大喜びでした。

室内では模型が走り回るジオラマが展示されており、鉄道ファンでなくても十分楽しむことができました。


ジオラマ

JR青梅駅には「鉄道員」の看板やレトロな木造の待合室などもあり、鉄道と昭和を満喫した1日となりました。


駅看板

 
「駅から公園はちょっと遠かったけれど、また行きたい」、「ガイドヘルパーさんが付いてくれるから安心」と、ご利用者の笑顔にガイドヘルパーたちも「また来よう!」と応えていました。